タグ別アーカイブ: レバノン

中東の美しすぎる映画監督 ナディーン・ラバキー

今回は、レバノンの美しすぎる女性映画監督ナディーン・ラバキー( Nadine Labaki)をご紹介します!

ナディーン初の監督作品であるハートフル ラブコメディ「Caramel (邦題:キャラメル)」は、日本でも2009年1月に公開されました。

キャラメル

(出典:「キャラメル」日本語公式ページ

レバノンの女性5人が抱える様々な悩みを愛情を持って描いた作品で、アラビアン女子トークも満載です。

映像の美しさ、ポップなストーリー展開、ノスタルジックな音楽もいいですが、やはり、ナディーン・ラバキーのフェミニンな色気にグッときてしまいます。

全編と通して、人間味あふれる優しさに溢れていて、見るものをほっこりと癒します。

彼女はこの作品では監督兼主演女優という二足のわらじを見事に履きこなし、世界中からその高い能力を評価されました。

ナディーン・ラバキーは、その後2012年に「Where do we go now」という作品も監督、出演しています。

引き続き、大変お美しい!

02

(出典:Where do we go now 公式ページ)

こちらは、キリスト教徒とイスラム教徒が同居する村を舞台としたハートフルコメディのようです。

また、直近ではフランス映画「チャップリンからの贈り物」でも、病気を患う移民の妻の役で出ています。

チャップリンからの贈り物

(出典:日本語公式ページ

ナディーン・ラバキーの作品は、ポップで明るいため、難しいことを考えず、気軽なエンターテイメントとして楽しめます!

Where do we go now 公式ページでは、ラバキーの女性として、母親として、そして、映画監督としての「未来への思い」が綴られていました。

それは、少女時代を内戦下で過ごし、当時、唯一の救いであった映画に対する深い愛情。そして、内戦による悲しみを繰り返さないため、社会を非暴力的に変革していきたい、という熱い思い。

映画の中で表現されるノスタルジックな優しい世界観は、彼女自身の理想郷なのかも。

これからも美しすぎる映画監督ナディーン・ラバキーの活躍に注目していきたいと思います!

In my room

今回ステイしたのはThe smallville Hotel。

お水に浮かんだお花がロビーでお出迎え…

IMG_2775

部屋は大きな窓から自然光がたっぷり入って

明るく、モダンでクリーンなインテリア。

FullSizeRender-3

FullSizeRender-2

ベランダからは幾つかの文化が混ざり合った、

味わい深い街並を見渡せます。

IMG_3035

そして、バタバタなスケジュールでも、

部屋で過ごす時間に欠かせないのが、こちら。

サンチュール・ドリアンのアロマオイルと

ボディ&ヘアオイルです。

FullSizeRender

アロマオイルはシャワールームやバスタブに

2〜3滴たらしてシャワーの栓を全開にします。

バスルームはすぐに香りで満たされ、至福のバスタイム。

今回はラベンダーにしました。ホッとする香りです。

FullSizeRender-4

ボディ&ヘアオイルの使い方もここでご紹介しますね。

濡れた髪をタオルドライした後、少量を手櫛で馴染ませます。

毛先から上に向け、顎から下まで位が目安です。

それからドライヤーで乾かすという簡単な手順。

これで毛先がしっとり、全体がツヤツヤに。

手にうっすら残ったオイルは肘や膝に塗りこみます。

また、このオイルを全身に馴染ませるようにマッサージすると

翌朝のしっとりした肌に驚きます。ベタつきはありません。

誰からも好かれるネロリやローズの香りも上品…

1本で全身に使えて、旅先では特に頼りになります。

忙しくても、どこへ行っても綺麗にしていたい、

しかも簡単に素早く!そんな方におすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

ベイルート発! ユニークなデザイン家具

欧米で大人気の奇抜で明るいデザインのレバノン家具。ユニークで、見てるだけで元気になる、今注目のレバノン家具ブランドをご紹介します!

1.  BOKJA

2000年にベイルートで誕生したホダ・バロウディとマリア・ヒブリによる女性デュオによるブランド。

中東から中央アジアにかけての地域で古くから伝わる織物、キリムやスザンニなどを用い、モダンな造形と伝統的な工芸とを

組み合わせて制作されている作品は、一点モノ。

Why Not Berger

Why Not Berger

(出典:BOKJA

2014年に、ベイルートのBOKJAのショップに初めて訪れた時は、「えっ、何これ!?」というくらいの色使い。派手で統一感がなく、モダンな家具というより、コンテンポラリー・アートを見ているような感覚で、とてもテンションが上がりました!

この家具を使いこなせる人は、かっこいいと思います。ちなみに、日本でも販売されているようです。

そして、今年もベイルートにある、彼らの展示スペースに行ってきましたー!

IMG_0963

雰囲気ある路地裏に、カカシのような看板。

thumb_IMG_0965_1024 thumb_IMG_0964_1024

素敵な作品ばかりでワクワクする世界感です。米国、欧州では、確固たるブランド地位を築いているので、貫禄ありましたー。

2. Nada Debs

Nada Debs は、幼少期に日本を過ごし、米国のthe Rhode Island School of Designで工業デザインを学び、 英国のデザイン会社でキャリアを蓄積。

その後、故郷ベイルートに戻り、箱根細工など、日本文化にインスパイアされたデザイン家具を次々を発表。ベイルートでの代表的なデザイン家具メーカーへと成長。

図1

(出典:Nada Debs

Nada Debsさんは、レバノンの石鹸メーカー、サンチュール・ドリアン(Senteurs d’Orient) の創業者Hana Debs Akkariさんと従兄弟の関係であるため、自分としても(勝手に)他人とは思えない親しみを感じてしまいます。(笑)

Hanaさんに案内をしてもらって、本店を見に行きましたー。Bokjaのオフィスからすぐの場所にあります。

IMG_0052

引き出しの取っ手が、箱根細工にインスパイヤされてそう。

IMG_0050

小物もきれいにディスプレイされてました。日本とオリエントの融合のような不思議な世界。

IMG_0056 IMG_0055

 

3.   Kashida

2011年にMirna Hamady と Elie Abou Jamraが創業。3Dのアラビア文字をモチーフにしたデザイン家具、雑貨を次々と発表し、今のベイルートで注目のデザイナー会社です。

(出典:Kashida)

シックなトーンでありながら、ポップでユニークな存在感。アラビア語が読めたらなーと、思いました。これからの活躍が益々、楽しみなデザイナー会社です。

 

独自の感性で現代のモノづくりをするレバノンのデザイン家具。オリジナリティ溢れる、ユニークなモノづくりに精力的なレバニーズデザイナーにこれからも注目していきたいと思います!

 

Let’s take a walk in the city

image

ランチの後は、散歩という名の冒険です。

道端で観葉植物を売っていたり、

かわいい噴水がある小さな公園があったり。

image

誰も住んでいなさそうなアパルトモン…

ベランダがかわいい。

image

image

歩き続け、気がつけば学生街Hamra(ハムラ)に。

都内でいうと下北沢みたいなエリアです。

image

ハッピーアワーが始まる時間だったので、

冷えたレバニーズワインを…

image

ディナーの相談をしながら飲むワインは最高です☆

From the center of Beirut

皆さん、はじめまして!リコです。美容、ファッション、ライフスタイルなど、私からは女性目線で皆さんにレポートさせていただきますので、これからどうぞよろしくお願いします!

さてさて、私たちチームはベイルートへの出張から日本に戻ったばかりです。他のスタッフはもう何度もこの街に来ていましたが、私は今回が初めて。街の様子を少しずつお届けしますね…

 

ドバイ経由の長時間フライトの後、早速ランチを食べようと向かったのが、ハイエンドブランドのブティックが並ぶダウンタウンでした。

FullSizeRender_1

ヴィトンからフェンディ、ルブタンまであります。まるでパリ。路地の奥に感じの良いアンブレラが店前に。あら?アンブレラには日本でもお馴染みのPAULのロゴが…「ここにしよう!」。

FullSizeRender

小さな店内にはタルトやパイが並ぶガラスショーケースと、窓際にはバスケットで小分けされた種類違いのバケットがぎっしり。そしてイートイン用の2人掛けテーブルが4席ほど。カプチーノとカフェオレ、サンドイッチ2種を頼んだ私たち。この一杯の美味しさは格別でした。豊かなコクのミルクと強めのエスプレッソが最高のバランス。

IMG_2859

そしてサンドイッチ登場。

FullSizeRender_2

シンプルなハムが入ったバケットサンドとカリッとしたチーズが表面を覆うチーズバケットにトマトとレタス、ハムのサンド。バターの風味がたまりません。(あー、これと白ワインが飲みたかった☆)フランスの植民地であったエリアはご飯が美味しいという噂は本当なのかも… 時差ボケも吹っ飛ぶランチとなりました。