ベイルート発! ユニークなデザイン家具

欧米で大人気の奇抜で明るいデザインのレバノン家具。ユニークで、見てるだけで元気になる、今注目のレバノン家具ブランドをご紹介します!

1.  BOKJA

2000年にベイルートで誕生したホダ・バロウディとマリア・ヒブリによる女性デュオによるブランド。

中東から中央アジアにかけての地域で古くから伝わる織物、キリムやスザンニなどを用い、モダンな造形と伝統的な工芸とを

組み合わせて制作されている作品は、一点モノ。

Why Not Berger

Why Not Berger

(出典:BOKJA

2014年に、ベイルートのBOKJAのショップに初めて訪れた時は、「えっ、何これ!?」というくらいの色使い。派手で統一感がなく、モダンな家具というより、コンテンポラリー・アートを見ているような感覚で、とてもテンションが上がりました!

この家具を使いこなせる人は、かっこいいと思います。ちなみに、日本でも販売されているようです。

そして、今年もベイルートにある、彼らの展示スペースに行ってきましたー!

IMG_0963

雰囲気ある路地裏に、カカシのような看板。

thumb_IMG_0965_1024 thumb_IMG_0964_1024

素敵な作品ばかりでワクワクする世界感です。米国、欧州では、確固たるブランド地位を築いているので、貫禄ありましたー。

2. Nada Debs

Nada Debs は、幼少期に日本を過ごし、米国のthe Rhode Island School of Designで工業デザインを学び、 英国のデザイン会社でキャリアを蓄積。

その後、故郷ベイルートに戻り、箱根細工など、日本文化にインスパイアされたデザイン家具を次々を発表。ベイルートでの代表的なデザイン家具メーカーへと成長。

図1

(出典:Nada Debs

Nada Debsさんは、レバノンの石鹸メーカー、サンチュール・ドリアン(Senteurs d’Orient) の創業者Hana Debs Akkariさんと従兄弟の関係であるため、自分としても(勝手に)他人とは思えない親しみを感じてしまいます。(笑)

Hanaさんに案内をしてもらって、本店を見に行きましたー。Bokjaのオフィスからすぐの場所にあります。

IMG_0052

引き出しの取っ手が、箱根細工にインスパイヤされてそう。

IMG_0050

小物もきれいにディスプレイされてました。日本とオリエントの融合のような不思議な世界。

IMG_0056 IMG_0055

 

3.   Kashida

2011年にMirna Hamady と Elie Abou Jamraが創業。3Dのアラビア文字をモチーフにしたデザイン家具、雑貨を次々と発表し、今のベイルートで注目のデザイナー会社です。

(出典:Kashida)

シックなトーンでありながら、ポップでユニークな存在感。アラビア語が読めたらなーと、思いました。これからの活躍が益々、楽しみなデザイナー会社です。

 

独自の感性で現代のモノづくりをするレバノンのデザイン家具。オリジナリティ溢れる、ユニークなモノづくりに精力的なレバニーズデザイナーにこれからも注目していきたいと思います!

 

Let’s take a walk in the city

image

ランチの後は、散歩という名の冒険です。

道端で観葉植物を売っていたり、

かわいい噴水がある小さな公園があったり。

image

誰も住んでいなさそうなアパルトモン…

ベランダがかわいい。

image

image

歩き続け、気がつけば学生街Hamra(ハムラ)に。

都内でいうと下北沢みたいなエリアです。

image

ハッピーアワーが始まる時間だったので、

冷えたレバニーズワインを…

image

ディナーの相談をしながら飲むワインは最高です☆

From the center of Beirut

皆さん、はじめまして!リコです。美容、ファッション、ライフスタイルなど、私からは女性目線で皆さんにレポートさせていただきますので、これからどうぞよろしくお願いします!

さてさて、私たちチームはベイルートへの出張から日本に戻ったばかりです。他のスタッフはもう何度もこの街に来ていましたが、私は今回が初めて。街の様子を少しずつお届けしますね…

 

ドバイ経由の長時間フライトの後、早速ランチを食べようと向かったのが、ハイエンドブランドのブティックが並ぶダウンタウンでした。

FullSizeRender_1

ヴィトンからフェンディ、ルブタンまであります。まるでパリ。路地の奥に感じの良いアンブレラが店前に。あら?アンブレラには日本でもお馴染みのPAULのロゴが…「ここにしよう!」。

FullSizeRender

小さな店内にはタルトやパイが並ぶガラスショーケースと、窓際にはバスケットで小分けされた種類違いのバケットがぎっしり。そしてイートイン用の2人掛けテーブルが4席ほど。カプチーノとカフェオレ、サンドイッチ2種を頼んだ私たち。この一杯の美味しさは格別でした。豊かなコクのミルクと強めのエスプレッソが最高のバランス。

IMG_2859

そしてサンドイッチ登場。

FullSizeRender_2

シンプルなハムが入ったバケットサンドとカリッとしたチーズが表面を覆うチーズバケットにトマトとレタス、ハムのサンド。バターの風味がたまりません。(あー、これと白ワインが飲みたかった☆)フランスの植民地であったエリアはご飯が美味しいという噂は本当なのかも… 時差ボケも吹っ飛ぶランチとなりました。

初めまして!

みなさん、初めまして!

Oriental Bath Beauty ブログを始めるにあたり、コンセプトと作者紹介をさせていただきます。

「素敵なオリエントの世界を楽しくお伝えする!」をコンセプトにブログを更新していきます。

では、作者紹介です。

オリエンタルなファッション、ビューティー&ライフスタイル担当は、リコ。

エキゾチックなファッションの世界や、オリエンタルな美容法、豊かな自然に根ざしたライフスタイルをご紹介します!

Herb shop

歴史、トラベル、文学、カルチャー担当は、ウメ。固くなりがちなテーマをできる限り柔らかくお伝えします!

Biblos souk

男の料理、男の美容法・ダイエット担当は、全くジムに通わずして、健康的に2ヶ月で15kg減を達成したヒロシ君が担当です。調理師免許を持ち、絵心もある個性派サラリーマンです。

バージョン 2

チームが協力して、オリジナリティー溢れる、楽しいコンテンツ作りを目指して参りますので、どうぞ宜しくお願いします!

Oriental Bath Beauty チーム一同。