カテゴリー別アーカイブ: 現地レポート

Turkish coffee

FullSizeRender-26

ビジネスミーティングで訪れたファタル社。

出していただいたコーヒーがあまりにも美味しくて、

淹れ方を伺うと、秘書の方が実演して教えてくださいました!

ここのみなさんが普段飲んでいる、ドリップでも

エスプレッソ式でもないこの手法はターキッシュコーヒー、

つまり「トルコ式」です。味の深みと香ばしさが際立つ、

このエリアで最もポピュラーな淹れ方だそう。

FullSizeRender-20

このお鍋、これはこのコーヒー作りのためのもの。

まずはお湯を沸かします。

沸騰したら細かく挽かれたコーヒー豆を投入。

FullSizeRender-21

そして程よく混ぜ…

FullSizeRender-22

一旦沈んだ豆がグツグツと沸き上がって、

上の方にフォーム(泡)が出てきます。

このフォームをスプーンですくって、

カップに入れておくのが基本だそう。

FullSizeRender-23

フォームをスプーン一杯ずつ各カップへ入れ終わったら

火から下ろし、ソーサーで蓋をしてしばらく蒸らします。

FullSizeRender-24

沸き上がっていた豆が鍋の底に沈むころ、

出来上がり!

FullSizeRender-25

お土産にコーヒー豆をいただいたのですが、

なんと、写真に写っているこのお鍋も持って帰りなさいと、

洗って包んでくださいました☆

Terminal B

レバノンというと中東のイメージが強く、

お酒はNG?と思われがちですが、違うんです。

大人が楽しめるバーが充実した街なのです。

今ITなルーフトップ系のクラブも素敵ですが、

絶対に日本にはない「ハコ」に連れて行ってもらいました。

それがTerminal B!

FullSizeRender-17

ゲートを入るとまずテラス席。

FullSizeRender-18

煉瓦造りの建物に入ってびっくりです!

だって… 天井が無い!!!

IMG_2950

IMG_2958

聞くところによると…

屋根は内戦時に爆破されてしまったとか!?

ちなみに、雨が降るとこのお店はお休みするそうです。

中はこんな感じのクラシックなカウンター。

FullSizeRender-16

音楽はゆるめのテクノがかけられていて、

大人がゆったり飲んでいます。

IMG_3036

自家製サングリアにはイチゴ、マンゴー、

そしてザクロの実が入っていてとてもフルーティー!

他にもカクテル数種類に挑戦し、最後にはコーヒーのテキーラを

ショットでいただきました。

ハズレなしですよ、このバーは。

FullSizeRender-19

ホテルに戻ろうとする深夜 の帰り道。

ベイルートに住みたいなぁって思ってしまうほど、

通いたいバー、それがTerminal Bでした。

 

Rare lamb meat

ビブロスのスークから戻った夜、

ドライバーが素敵なビストロを紹介してくれました。

レバノン料理とアルマニア料理がメインのお店です。

「そこでは生のラム肉が食べれるよ。」と!?

ラム好きの私たちは今すぐ行こう!となるわけです。

IMG_2944

ローカルの人で満席のビストロ。

FullSizeRender-15

来ました、生ラム!!!

IMG_2943

↑真ん中のお皿の上、生です。ラムです。

獣臭などこれっぽっちもありません。

赤身のお肉のテクスチャーに、スパイスとドライトマトの

風味が印象的、まるで生のハンバーグを食べているかのよう!

お肉好きにはたまらない… 黙々と食しました。

レバノン料理の定番といわれるパセリとトマトのサラダも

オリーブオイルとビネガーのシンプルな味付けで、

さっぱりとして美味しかったです。

東京でこんなレバノン料理が食べれたらいいのに…

心からそう思うのでした。

 

 

Byblos Souk

ベイルートから1時間ほどドライブして、

ビブロスのスークへやって来ました!

入口ではワクワク感が高まります。

IMG_2978

いろんな小さなお店が軒を連ねています。

ドライハーブやお茶、スパイスのお店、

IMG_2979

鋳物屋さん、本屋さん…

FullSizeRender-11

レストランもありますよ…

IMG_2980

こんなバーも昼間から営業しています!

IMG_2981

もちろん素通りは致しません!

きりっと冷えたレバニーズワインの白を

通りを眺めながらいただきました。

IMG_2982

Meat the fish

さて、ランチ出来そうなレストランを探していると…

白っぽい内装の小さなお店を発見。その名はMeat the fish!

IMG_2894

ピクニックテーブルとカウンターのイートインスペース、

そこで日替わりのメニューがサーブされ、

新鮮なお肉、お魚を中心とした食材を

小さな市場のように販売している… 斬新なレストランです。

FullSizeRender-8

オーダーしたのはローストビーフサンドと、

IMG_2975

アヒツナのカルパッチョ!

IMG_2974

お店の名前が示す通り、お肉もお魚も美味しい!

デザートには気になったザクロのフレッシュジュースを。

IMG_2902

FullSizeRender-10

ベイルートでマズイものには出会いません!

 

 

I woke up in Beirut

Gemmayzeh(ジャメイゼ)を後に、ビーチ寄りの

エリアをお散歩。

IMG_2884

ヨーロッパのような街並み。

IMG_2886

セレクトショップのウィンドウに可愛いTシャツ発見!

アラビア語の部分、ベイルートって書いてあります。

I woke up in Beirut.

=起きたらベイルートだった。そんなTシャツです。(笑)

もちろん購入しましたよ。

IMG_2887

 

 

 

「中東のゴディバ」

「中東のゴディバ」と称されるチョコをご存知でしょうか?

ドバイ土産の定番である高級チョコ 「Patchi」です!

Patchi1

Patchi2

(出典:Patchi )

実は、この「Patchi」は、レバノンが誇る老舗チョコレートメーカーです。(1974年創業)

ということで、ベイルートのPatchi 本店に行ってきましたー!!

パッチ
パッチ

中に入ると、ここはコンテンポラリーアートの展覧会かというくらいお洒落な世界!

一階はこんな感じ。チョコが壁に埋め込まれてます!

Patchi main shop

image

二階はテーマごとのギフトチョコレートコーナー。

結婚式や出産祝いなど色々なテーマでディスプレイされてます。

Patchi main shop

thumb_IMG_0919_1024

 

thumb_IMG_0916_1024

更に上の階へと登るとチョコレートは姿を消し、豪華絢爛で美しい銀食器たちが並びます。オーナーの趣味!?

thumb_IMG_0921_1024

 

thumb_IMG_0924_1024

店員さんに聞いてみると、実は、Patchiは、もう1つのビジネスラインがあり、銀食器を製造しているとのこと!

Patchiの素晴らしいディスプレイの力は、長年の銀食器事業に支えられていたのかもしれません。

 

Patchiのチョコは甘すぎず、素材を生かしたしっかりした味ですので、日本人の口にも合うと思います!

中東に行かれる際は、お土産としてご検討されては如何でしょうか?

Good morning from Gemmayzeh

おはようございます!

雰囲気のあるカフェやレストラン、バーが並ぶ

ベイルートの中でも一番クールなエリア、

Gemmayzeh(ジャメイゼ)へ

ブレックファーストミーティングのためにやって来ました。

IMG_2971

FullSizeRender-7

ミーティングのメンバーはベイルート在住の

グラフィックデザイナー・パメラが選んだ、Cafe Urbanista。

ここは一瞬どこに居るのかわからなくなる様な、

インターナショナルな客層と都会的なインテリア。

IMG_2972

FullSizeRender-6

アメリカンな朝ごはんをサーブしています。

迷わずスクランブルエッグにベーコンをオーダー…

オレンジジュースは搾りたて!

FullSizeRender-5

パワフルな朝ごはんを美味しくいただきながら、

ヴィジュアルデザインについて語り合いました。

iris

IMG_2871

今、最もホットなクラブ iris(アイリス)は

なんと、ルーフトップ!それだけでテンションが上がります。

客層は大人、大人しかいません。

大きなアイランド式のバーを囲み、片方はハイチェア着席、

もう片方はスタンディング。

FullSizeRender 2

レバニーズワイン白、この雰囲気で最高です。

ここで飲んでるアジア人は私達のみ。

なので、みんな「どこから来たの?」と、

好奇心旺盛に声をかけてくれます。

FullSizeRender 3

週末で混雑する中、常連さんらしきおじさまの集団が、

スタンディングで飲んでいた私達に、

バーで一番素敵な席を譲ってくれました。

IMG_2872

とにかくみんな笑顔。改めてモヒートを頼むと、

バーテンダーのお兄さんが教えてくれました。

「今夜は生バンドが22:30からプレイするよ!」

「!?」

地中海の風に吹かれながら、屋外で生音を聴ける幸せ。

震えます。

 

 

A casual dinner with a shisha

IMG_2862

Barのハッピーアワーを後に、シーシャを楽しめるカフェに

やって来ました。シーシャとはインドや中近東でポピュラーな

水タバコのことです。パイプを片手に、お茶やコーヒーを楽しみ

バックギャモンなどのゲームに興じる…

このカフェではみんなゆったりとした時間を過ごしています。

IMG_2855

… 注文したプレートが登場。

IMG_2863

ピタ生地の下にはグリルドチキン、そしてラムのケバブ、

フライドポテトやローストした玉ねぎがゴロゴロ…

スパイスの香り豊かで辛さもある味付け。

これにお好みで、さらにガーリックが効いたクリームソースや

ホットソースをディップしていただきます。香りも食感も、

ボリュームも満点!

IMG_2864

地元の人達が寛ぐ姿を眺めながら、コーヒーを飲んでいると

まるで自分も長らくこの街に暮らしているような…

そんな気分になります。席に着いたのは夕方でしたが、

帰る頃にはすっかり日が暮れ、オレンジ色の街の光を反射した

シーシャのシルエットが印象的。夜の入り口です。

この後、私たちはルーフトップのクラブへ向かいます…