カテゴリー別アーカイブ: 映画

中東の美しすぎる映画監督 ナディーン・ラバキー

今回は、レバノンの美しすぎる女性映画監督ナディーン・ラバキー( Nadine Labaki)をご紹介します!

ナディーン初の監督作品であるハートフル ラブコメディ「Caramel (邦題:キャラメル)」は、日本でも2009年1月に公開されました。

キャラメル

(出典:「キャラメル」日本語公式ページ

レバノンの女性5人が抱える様々な悩みを愛情を持って描いた作品で、アラビアン女子トークも満載です。

映像の美しさ、ポップなストーリー展開、ノスタルジックな音楽もいいですが、やはり、ナディーン・ラバキーのフェミニンな色気にグッときてしまいます。

全編と通して、人間味あふれる優しさに溢れていて、見るものをほっこりと癒します。

彼女はこの作品では監督兼主演女優という二足のわらじを見事に履きこなし、世界中からその高い能力を評価されました。

ナディーン・ラバキーは、その後2012年に「Where do we go now」という作品も監督、出演しています。

引き続き、大変お美しい!

02

(出典:Where do we go now 公式ページ)

こちらは、キリスト教徒とイスラム教徒が同居する村を舞台としたハートフルコメディのようです。

また、直近ではフランス映画「チャップリンからの贈り物」でも、病気を患う移民の妻の役で出ています。

チャップリンからの贈り物

(出典:日本語公式ページ

ナディーン・ラバキーの作品は、ポップで明るいため、難しいことを考えず、気軽なエンターテイメントとして楽しめます!

Where do we go now 公式ページでは、ラバキーの女性として、母親として、そして、映画監督としての「未来への思い」が綴られていました。

それは、少女時代を内戦下で過ごし、当時、唯一の救いであった映画に対する深い愛情。そして、内戦による悲しみを繰り返さないため、社会を非暴力的に変革していきたい、という熱い思い。

映画の中で表現されるノスタルジックな優しい世界観は、彼女自身の理想郷なのかも。

これからも美しすぎる映画監督ナディーン・ラバキーの活躍に注目していきたいと思います!